カーボンニュートラル

カーボンニュートラル (carbon neutral、炭素中立) とは環境化学の用語であり、カーボンは「炭素」であり、ニュートラルは「中立」なので、環境の中の炭素循環量に対して中立という意味合いを持った言葉です。

近年は、カーボンニュートラルに近い植物由来のバイオマスエタノールなどが使用されたり、持続可能性を考慮したうえで薪・枯れ草・木質ペレットなど植物由来燃料の利用されたりということを積極的に行われていたりします。

排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念のもと、廃棄後には、焼却されて二酸化炭素を排出する一方で、吸収はほとんどない石油由来のプラスチックの代替としトウモロコシを原料とした「バイオプラスチック」が製造されたりしています。

近年では、カーボンニュートラルなエネルギーとして、「バイオエタノール」の需要が急速に高まっている現状があります。 これが新たに穀物市場での食料・エネルギーの資源争奪を生み出すことになり、穀物価格の高騰などの問題も生み出しており、環境対策としてそのような問題としっかり向きあっていく必要があります。

しかし、地球温暖化対策への貢献は決して我々が目を離すことが出来ない問題です。