地球環境の貢献

地球温暖化防止について我々が考えるのなら、化石エネルギーの使用削減が条件として考えることが出来ます。そのためには、持続可能である森林経営により育成された森林資源の「バイオマスエネルギー」の利用が効果的だと言われるようになって来ました。

持続可能な森林経営を踏まえた森林の利用こそが、地球温暖化対策に大きく貢献してくれるはずなのです。 農業ソリューションのもと、持続可能な森林経営を行い、森林を育成し、森林の成長量に見合うだけ伐採して利用することで、森林全体の二酸化炭素の固定量は減りません。 また森林は太陽エネルギーを用いる光合成で二酸化炭素を固定量(植物・微生物の光合成によって大気中の二酸化炭素を炭水化物に代えて生物躯体として固定)は減りません。

更に植林は、紙の原料だけでなく、バイオマス燃料も供給し、化石エネルギーを節約することが出来ます。二酸化炭素の排出削減にも大きく貢献することが出来ます。

伐採行為は一見森林による二酸化炭素固定と矛盾するように見えるのですが、若い森林だから、光合成による成長が早く二酸化炭素をより効率良く固定し
伐採のあとに森林を再生することで地球温暖化対策に貢献してくれるはずです。

今、農業ソリューションは、ICTソリューション、更に地球環境のために貢献することを考えていかなければなりません。